愛犬が亡くなった時、自治体に火葬を依頼した場合は?

自治体での火葬の対応と現状は?

愛犬が亡くなった時、自治体に依頼すると火葬はしてもらえますが、個別火葬が出来る自治体は少なく、お見送りや、収骨、納骨などの細かな部分を行ってくれるところはほとんどありません。

 

ペットは一般廃棄物として分類される!?

愛犬の遺骸は、人と同じく遺体や死体という扱いはうけません。
ペットは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条第1項、第2項」により、一般廃棄物として位置づけられています。

飼い主にとっては大切な家族でも、他人からすると『動物の死体』なのです。

もし、愛犬が亡くなってしまい自治体にお願いした場合は、ほとんどが一般廃棄物のため言い方は悪いですが「ゴミ」というくくりで火葬をされてしまいます。

 

ゴ、ゴミ・・・ですか・・・

 

返骨や費用は?

自治体は民間のペット葬儀を利用するより安く火葬する事ができます。
一般廃棄物として分類されているため、処分には1,000円~5,000円ほどの費用となります。
一般のゴミと同じ焼却炉で処分する場合と、動物遺骸専用の焼却炉で分する場合があり、自治体によって異なります。

多くの自治体は合同火葬で、返骨はありません。

 

費用の負担が少ないのはいいけれど、
一般廃棄物として扱われて、返骨もないのはちょっと・・・

 

 

ペット専用の火葬施設がある自治体はないの?

ペット専用の火葬施設を持ち、遺骨の引き渡しをしている自治体があります。
宮城県仙台市です。

仙台市ペット斎場

 

仙台市内で飼われていて亡くなったペットの火葬を有料で受け付けていますが、仙台市以外にお住まいの方、営利を目的とする方の利用は出来ません。

大型犬程度(大人1人で抱えあげることができる程度)までの大きさの動物を火葬することが可能です。
※畜産農業にかかる動物の火葬はできません。

 

遺骨引き渡しを希望しない場合は、ほかの遺体と一緒に複数頭火葬炉で火葬。
遺骨引き渡しを希望する場合は一頭火葬炉で個別に火葬し、遺骨の引き渡しを行います。
ペットの遺骨は、葛岡墓園内の仙台市愛玩動物納骨堂に納めることができます。
納骨には焼骨一体につき3,000円の使用料が必要です。

手数料(1頭に付き)

収集申し込み 予約して搬入
遺骨引き渡しを希望しない場合 3,700円 1,800円
遺骨引き渡しを希望する場合 20kg以下 6,500円 4,600円
20kg超 11,400円 9,300円

詳しくは 仙台市ペット斎場 まで。

 

仙台市の他にも新潟県魚沼市でもペット火葬を行っています。
うおぬまペット火葬
こちらは個別火葬で返骨も可能です。

火葬料金

重さ(1匹あたり) ペットの種類(目安) 魚沼市内 市外
5kg未満 小鳥、ハムスター、猫、室内犬など 5,000円 10,000円
5kg~10kg未満 柴犬、パグ、ビーグルなど 7,000円 14,000円
10kg~15kg未満 シェルティー、紀州犬など 9,000円 18,000円
15kg~20kg未満 ハスキーなど 11,000円 22,000円
20kg~30kg未満 ブルドッグ、ラブ、ゴールデンなど 13,000円 26,000円
30kg~50kg未満 ロットワイラー、グレートデーンなど 15,000円 30,000円

※住所確認をさせていただく為、身分証明の提示をお願いしております。(運転免許証など)
来場される方の住所が魚沼市内の場合は「魚沼市内」、魚沼市以外の方は「市外」の料金となります。

魚沼市以外の方の利用も出来ます。

 

民間業者に比べると自治体に依頼すると負担は軽く済みますが、仙台市や魚沼市のような自治体で専用施設があるのは少数で、多くの自治体は合同火葬で返骨はありません。

お住いの自治体に問い合わせたり、ウェブサイト等で確認してみましょう。

 

仙台市や魚沼市のように営利目的ではなく、ペットを一つの命として考える
自治体もあるというのは嬉しいですね。

自治体への依頼は

法的にはペットは一般廃棄物に分類されるため、自治体に依頼すると火葬はしてもらえますが骨が残ることも、供養されることもありません。
ただ、役所の方々も公的施設として運営しているので、民間業者のような特別な葬儀や供養が出来ないということが現状です。

 

ペットは一般廃棄物という扱いがされない日が来ることを、愛犬家として願っています。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事